【公式】エア・リゾーム 通販サイトはこちら

【キッチン収納の選び方】レンジ台・食器棚などおすすめ商品12選

【キッチン収納の選び方】レンジ台・食器棚などおすすめ商品12選

※この記事は、2022年11月4日時点の情報です。公開時から商品情報が変更となっている場合がございます。

キッチン(台所)は、電子レンジ・炊飯器などのキッチン家電や、
調理器具、食器、さらに調味料・保存食品・飲料など、意外と物が溢れてしまいがちです。

きちんと収納したいと思っていても、
収納スペースが限られるキッチンでは、どんな収納家具を選んでいけばいいのか・・・
とお困りの方もいるのではないでしょうか。

本記事では、そんなお悩みのアドバイスとして、
各キッチン収納家具の特長と選ぶポイントと、
おすすめのキッチン収納商品をご紹介しますので、キッチン収納選びのご参考にしてください。

目次

【レンジ台】家電だけでなく、食器や小物収納などマルチに活躍

「レンジ台(レンジボード)」は、
電子レンジや炊飯器などのキッチン家電を収納するのはもちろん、
キッチン家電以外にも、小皿などの食器類や、調味料、ストック食材など
すぐに取り出したいものを置くのに便利です。

レンジ台イメージ

レンジ台を選ぶ際は、家電や収納する物の大きさや量と、
置く場所がどれくらいスペースを取れるか
を確認し、サイズを選んでいきましょう。

「物を収納するスペースを広く取りたい」
「電子レンジ・炊飯器の他にポットなど色々置きたいものが多い」という方は、
収納力が高く、横に広いワイドタイプのレンジ台を選ぶといいでしょう。
また、横ではなく縦に収納スペースを広げたハイタイプもおすすめです。

逆に、「そんなに収納するものがない」「あまり置く場所を取りたくない」という方は、
省スペースに置けるスリムタイプのレンジ台を選ぶといいでしょう。
高さの低いロータイプを選べば、圧迫感も抑えられスッキリ見せることもできます。

また、キッチンのゴミ箱の上は結構デッドスペースになりがちです。
ゴミ箱上収納」を選べば、そんなデッドスペースを有効活用し、
収納スペースを確保できるので、キッチンが狭く悩んでいる方にはおすすめです。

ワイドタイプ
ワイドタイプ

電子レンジ・炊飯器、さらに食器などもたくさん収納できる十分なスペースがあります。オーブントースターや電気ケトルなど他のキッチン家電も置くことが出来ます。

スリムタイプ
スリムタイプ

圧迫感を抑えられ、見た目もすっきりします。置きたい家電の数が少量の方におすすめです。

ハイタイプ
ハイタイプ

棚の数が多いので、たっぷり収納できます。家電などたくさん収納したい方におすすめです。

ロータイプ
ロータイプ

高さが低い分、圧迫感が少なく、省スペースにも置きやすいです。置く家電や小物類が少ない方におすすめです。

ゴミ箱上収納 スリムタイプゴミ箱上収納 ワイドタイプ
ゴミ箱上収納タイプ

ゴミ箱上の空き空間をそのまま有効活用し、収納スペースとして確保できます。
キッチンが狭く悩んでおられる方や、ワンルームや1DKなど比較的収納の少ないお部屋にお住まいの方におすすめです。

あると便利な機能

スライドトレー
スライドトレー

炊飯器やポットなど置いて、必要な時に引き出せるので便利です。

サイドフレーム
サイドフレーム

S字フックを使った小物掛けや、タオル掛けとしても便利です。

【食器棚】食器やカトラリーを効率よく収納でき、整理整頓に便利

「食器棚(キッチンボード)」は、
食器やカトラリーを収納しやすいように「開き戸」や「引き出しがあり、
食器棚によっては、炊飯器やポットなども置くことができる便利な家具です。

開き戸や引き出しは、食器をホコリから守り、
ガラス扉であれば、収納している食器のデイスプレイもできますので、
インテリア性も高まります。

食器棚(キッチンボード)イメージ

選ぶ際は、収納する食器などの量を確認してサイズを選ぶとよいでしょう。

食器など収納がたくさん必要であれば、収納力の高いハイタイプを、
そんなに必要でなければ、背が低くて使いやすいロータイプを選ぶとよいでしょう。

食器棚は頻繁に買い替えるものではないですし、
後々、食器など増えた場合に備えるのであれば、
少し大きめのサイズの食器棚を検討してみるのもよいでしょう。

ハイタイプ
ハイタイプ

高さがある分、収納力に優れています。人数が多いご家庭におすすめです。

ロータイプ
ロータイプ

高さが低いので、圧迫感を抑えられます。
食器類が少なめな方におすすめです。

ゴミ箱上収納 スリムタイプゴミ箱上収納 ワイドタイプ
ゴミ箱上収納タイプ

ゴミ箱の上の空間は使えないデッドスペースになりがちですが、ゴミ箱上収納タイプを利用することで、収納スペースとして大量の食器を収納することができます。

あると便利な機能

ガラス扉ガラス扉
ガラス扉

ホコリの侵入を防ぎます。また、外から中の食器を見れるので、お気に入りの食器をディスプレイすることもできます。

【キッチンカウンター】調理台として使えて、収納面でも頼りになる

「キッチンカウンター」は、
キッチン周りに調理をするスペースがない場合の補助的な調理台として使ったり、
料理中に食材などを置く場所として使うことができます。

キャスター付きであれば、動かせるので作業するのに便利です。

また、引き出し収納が備わっているものも多く、キッチン用品や食器を収納したり、
ストック食材や飲料など備蓄品の収納スペース
としても活躍します。

キッチンカウンターイメージ

選ぶ際は、キッチンカウンターの高さを確認しておくとよいでしょう。
調理などの作業がしやすい高さのものを選ぶと使いやすいです。

また、調理台として利用できるように天板が熱に強いステンレス素材になっていたり、
ポットや炊飯器などの収納に適したスライドトレーが備わっているものを選ぶと便利です。

あると便利な機能

引き出し収納
引き出し収納

引き出し収納の数が多いと、鍋やフライパンなどの調理器具や食料品などをたくさん収納することができます。

コンセント付き
コンセント差込口

ポッドや炊飯器などのキッチン家電を使うためのコンセント差込口が備わっているものを選ぶと便利です。

【キッチンワゴン】食卓の横に置いて、小物の収納や補助テーブルとして役立つ

「キッチンワゴン」は、さっと取り出したい調味料や小物を収納したり、
食卓の横に置いて、飲み物などを置いておく補助的なテーブルとして便利です。

キッチンワゴンイメージ

選ぶ際は、使いやすいサイズ感のものを選ぶとよいでしょう。
また、天板キャスターが付いているキッチンワゴンを選ぶと便利に使えます。

あると便利な機能

天板付き
天板

天板があれば、調理の補助台や、食卓の横で飲み物を置いたりする補助テーブルとして利用できます。

キャスター付き
キャスター

移動させるのが楽になり、料理や飲み物を運ぶのに便利です。

【隙間収納】デッドスペースの有効活用に最適

「隙間収納」は、冷蔵庫の横の空いている隙間など、
キッチン周りでよく見られるデッドスペースを有効活用できる収納家具です。

隙間収納イメージ

選ぶ際は、置く場所のサイズを測ってから選ぶのがポイントです。
また、出し入れしたい場合は、キャスター付きのものを選びましょう。

冷蔵庫の横に設置する場合は、特に冷蔵庫の熱がこもりやすいので、
ぴったりサイズより少しゆとりのあるサイズを選ぶのがおすすめです。

おすすめキッチン収納12選

ここからは、エア・リゾームインテリアのキッチン収納家具から
おすすめの商品をご紹介していきます。

「レンジ台」のおすすめ商品

emery(エメリー)

[幅61.5/ゴミ箱上収納 スリムタイプ]
emery(エメリー)

ゴミ箱上のデッドスペースに収納場所を確保し、無駄のないキッチンスペースを作っていただけるゴミ箱上ラックです。
棚板4段の豊富な収納力で、キッチン家電やキッチン用品をひとまとめに♪中間部の棚は約9.5cm間隔で調整できる可動棚となっており、収納物にあわせた高さ調整が可能です。一番下の段はスライドトレー仕様となっており、炊飯器やポットなどの収納にも最適です。

emery(エメリー)

[幅80/ゴミ箱上収納 ワイドタイプ]
emery(エメリー)

ゴミ箱上のデッドスペースに収納場所を確保し、無駄のないキッチンスペースを作っていただけるゴミ箱上ラックです。
分別用にゴミ箱を3つ置ける幅約76cmの収納スペースは、高さに余裕を持たせた高さ約89cm。フタ付きのゴミ箱も棚板が邪魔にならず、快適にお使いいただけます。

emery(エメリー)

[幅34.4/スリム ハイタイプ]
emery(エメリー)

キッチンのちょっとしたすき間に充実した収納スペースを作るすき間収納ラックです。
省スペースで充実収納を可能にしたこちらのラックは、自然と出来てしまったちょっとした隙間や、もう少し収納力を強化したいときにオススメな収納ラックとなっております。幅34.4cmのスリム設計と圧迫感を抑えるオープンフレームで、すっきりとした見栄えを作ります。

LAFIKA(ラフィカ)

[幅60/ハイタイプ]
LAFIKA(ラフィカ)
A/家電まとめ置きタイプ

たっぷりの収納力に、優しいナチュラルな木目調デザインが映えるキッチンラックです。
豊富な収納力で、家電、食器、食材ストックなど、キッチン周りのものをこれ1台にひとまとめに。「生活感が出やすいキッチンも、収納しながらおしゃれな空間にしたい」といったキッチン収納の悩みをこちらのキッチンラックが解決いたします。

LAFIKA(ラフィカ)

[幅85/ロータイプ]
LAFIKA(ラフィカ)
スライドトレー収納タイプ

たっぷりの収納力に、優しいナチュラルな木目調デザインが映えるキッチンボードです。
キッチン家電はもちろん、炊飯器などのフタ付き家電を置けるスライドトレー、様々な高さの収納物に対応できる可動棚付きオープン棚と扉収納、開閉スムーズな引き出し、水にも強く十分な耐荷重のある天板、とキッチン収納として魅力的な仕様に仕上げました。

「食器棚」のおすすめ商品

Elena(エレナ)

[幅93.5/ゴミ箱上収納タイプ]
Elena(エレナ)

ゴミ箱上に空いたデッドスペースを利用して食器やキッチン家電を収納できるゴミ箱上収納です。
今まで使い道の無かったゴミ箱上のデッドスペースを有効活用する事で、設置に新たなスペースをほとんど作る事なく、キッチンの収納力を上げていただけます。

ブレスキッチンキャビネット

[幅90/ロータイプ]
北欧食器棚
ブレスキッチンキャビネット

たっぷり収納、見た目すっきり。生活感を抑えるキッチンキャビネットです。
大きな2枚の目隠しフラップで収納物をサッと隠す事ができ、生活感をあっという間に無くせます。フラップにはお気に入りの雑誌を飾る事ができ、よりインテリア性に優れたコーディネートを楽しめます。

Brace(ブレス)

[幅39.5/ハイタイプ]
Brace(ブレス)

収納豊富な高さ136.5cmのハイタイプ食器棚です。
縦長設計にすることで、省スペースで抜群の収納力を実現しました。また、縦長のフォルムはとてもすっきりとした印象で空間のアクセントとしても最適。前面はガラス張りで、収納物が一目で確認出来るのはもちろん、お気に入りの食器を並べてディスプレイも楽しめます。

「キッチンカウンター」のおすすめ商品

lina(リナ)

[幅120]
キッチンカウンター lina(リナ)

アルダー無垢材の木目や節が美しい、上質な佇まいのキッチンカウンターです。
温もりあるウッドデザインを基調に、ヴィンテージな表情に仕上げました。カフェのような雰囲気ある空間を演出する高いデザイン性に加え、キッチンの作業効率を高める、豊富な収納力も備えております。

「キッチンワゴン」のおすすめ商品

lina(リナ)

[幅45]
バタフライキッチンワゴン
maino(マイノ)

普段はコンパクト、必要な時だけ広々作業スペースとして、マルチに使えるバタフライワゴンです。
広げると幅45×奥行き70cmの広々とした天板スペースに。カットした食材やできたお料理、洗った食器の一時的な置き場にしたりと、様々な使い方ができます。

lina(リナ)

[幅40.5]
四角型マルチワゴン
porone(ポロネ)3段タイプ

収納したものをまとめて運べる四角型マルチワゴンです。
たっぷり入るバスケットとサッと物が置ける天板スペースで、雑多な小物もひとまとめに。さらに、キャスター付きで収納した物をまとめて運べる快適設計になっています。

「隙間収納」のおすすめ商品

emery(エメリー)

[幅34.4/ロータイプ]
カゴ付きスリム収納ラック
emery(エメリー)

キッチンのわずかなスペースに、充実した収納スペースを作れるスリム収納ラックです。
狭めのキッチンでも圧迫感を感じにくくすっきりと置けるロータイプ。キッチンのちょっとした隙間の活用や、もう少し収納力を強化したい時、ワンルームなどの狭いお部屋でキッチン空間を最少限に抑えたい場合などにおすすめです。

まとめ

  • 【レンジ台】
    電子レンジ・炊飯器などのキッチン家電だけでなく、
    食器類や調味料、ストック食材などすぐ取り出したいものを収納しておくのに便利です。
    選ぶ際は、収納する物(家電・食器など)の大きさや量を確認し、
    置く場所のスペースでサイズを決めるのがポイントです
  • 【食器棚】
    食器やカトラリーを収納しやすい「開き戸」や「引き出し」のあるものを選びましょう。
    選ぶ際は、収納する食器の量などでサイズを選んでいきましょう
  • 【キッチンカウンター】
    調理台や料理中に食材など置く場所として使えます。
    キャスター付きであれば移動できるので便利です。
    選ぶ際は、キッチンカウンターの高さを確認し、調理など作業しやすい高さのものを選びましょう。
  • 【キッチンワゴン】
    キッチンワゴンは、食卓の横に置いて、小物の収納や補助テーブルとして役立ちます。
    選ぶ際は、使いやすいサイズ感のものを選び、キャスターなど機能性の高いものを選びましょう。
  • 【隙間収納】
    キッチンのデッドスペースを収納スペースに変えることができます。
    選ぶ際は、置く場所のサイズを測り、隙間に入るサイズ感のものを選びましょう。

記事で使用している家具・インテリアは、こちらのサイトからご購入できます。

「家具選びのポイント」カテゴリの最新記事

ページ
TOPへ