【ラグの選び方】リビングラグ・ダイニングラグなどおすすめ商品8選

【ラグの選び方】リビングラグ・ダイニングラグなどおすすめ商品8選

※この記事は、2021年2月3日時点の情報です。公開時から商品情報が変更となっている場合がございます。

リビングやダイニングなどの床を彩り、
お部屋の雰囲気をガラリと変える「ラグ(カーペット)」。

様々なサイズや、形、カラー、テイスト、
素材の種類も豊富でどれを選んだらいいか悩んでいる方も多いはず。

「お手軽にお部屋の雰囲気を変えたい」
「機能性もいろいろあってどんなラグを選べばいいか分からない」
「リビングやダイニングで、どんなサイズのラグを選べばいいか分からない」

そんなお悩みへのアドバイスとして、
リビングラグ・ダイニングラグ選びのポイントをご紹介いたします。

目次

おしゃれだけじゃない「ラグのメリット」

最初に、ラグが持つ役割を簡単にご紹介します。

以下のようなラグならではの機能がありますので、
ラグを敷くことは実はメリットがたくさんあります。

1. 手軽に印象を変えられる

手軽に印象を変えられるラグを床に敷くだけで、
その部屋の雰囲気や印象をガラッと変えられます
フローリングの張替えは大変お金もかかってきますが、
ラグの交換なら手軽にできるのがメリットです。

2. 保冷性・保温性が高い

保冷性・保温性が高いラグの繊維に含まれる空気層が、
夏場はエアコンの冷気を蓄え、
冬場は床やフローリングの冷たさを軽減
させてくれます。
ヒーターなどの熱気を逃がしにくくし、
お部屋の気温を保つ役割がありますので、
光熱費の節約にもつながります。

3. 生活音や衝撃音を和らげる

生活音や衝撃音を和らげる足音などの生活音や、
落下物の衝撃音を和らげる効果
があります。
特にマンションでは、音が良く反響して響きますので、
防音性の高いラグ・カーペットを選ぶと効果的です。

4. 衝撃から床を守る

家具やお部屋を傷から守る物を落とした時の衝撃を抑えるだけでなく、家具と床との間に敷くことで、緩衝材となって、床が傷つくのを防ぎます
ソファやテーブルなど、生活の上でよく利用する家具の下に敷くのが効果的です。
また、クッションがあることで、硬いフローリングでも快適に過ごすことができます。

5. 埃や花粉が舞いにくくなる

埃などを吸着させる部屋中に舞っている埃や花粉、ペットの毛、ハウスダストなどを吸着させる効果があります。
埃などは一度舞い上がると、床に落ちるまでに数十分、
エアコンなど空気を循環させているとそれ以上の時間、
空中を舞うことになります。
フローリングそのままの状態に比べ、埃などが舞いにくくなるので効果的です。

【ポイント1】サイズは部屋の広さに合わせて考える

ラグのサイズ選びで重要なのは、「お部屋の広さを把握すること」です。
お部屋の広さが変われば、適切なラグのサイズも変わってきます。

まずは、ご自身のお部屋がどれくらいの広さなのかを確認し、
その中のどこに置きたいのか、どこまでの広さが欲しいのか、を考えていくといいでしょう。

また、ラグの上にテーブルなど家具を配置するなら、その家具のサイズ感も確認し、
ラグからはみ出させたくない場合は大きめのラグを選ぶようにしましょう。

おすすめのサイズ感

ワンルーム

100×135cm100×135cmの長方形サイズは、
2Pソファやベッドサイドにおすすめです。
ワンルームなどスペースが気になるお部屋でも手軽にお使いいただけるサイズ感です。

92×185cm92×185cmの長方形サイズは、
2.5Pソファの前に広げてちょうど良いサイズ感です。
また、1畳用のホットカーペットカバーとしても、使いやすいサイズです。

130×190cm130×190cmの長方形サイズは、
テーブルを置いた際のバランスやラグの広さが、ちょうど良い長方形タイプです。
幅広いレイアウトのお部屋に合わせやすい事から人気のサイズです。

リビング

185×185cm185×185cmの正方形サイズは、
寝転がって快適な広さのある正方形タイプです。
少し余裕を持ってラグを使いたいという方におすすめです。

200×250cm200×250cmの長方形サイズは、
お部屋にラグを敷き詰めたいという方に最適な大きめサイズです。
ごろごろ寝転がってもたっぷり余裕のある広々ラグです。

200×300cm200×300cmの長方形サイズは、
さらに大きなサイズをお求めの方に最適な、
ゆったり広々としたサイズになっています。

ダイニング

4人用ダイニングテーブルを置く場合は、
180×220cmのダイニングラグ、182×180cm182×220cmのフロアラグなどのサイズであれば、椅子を引いた時のスペースもカバーでき、床を傷つける心配が減ります。

4人用ダイニングラグ

6人用ダイニングテーブルを置く場合は、
220×250cm250×220cmのダイニングラグ、260×182cmのフロアラグなどのダイニングスペース全体に敷けるゆったりしたサイズのラグを選ぶとよいでしょう。

6人用ダイニングラグ

【ポイント2】素材や毛足をチェック

ラグは使用される「素材」と、「毛足」「加工」の組み合わせによって、
いろんな肌触りや質感が楽しめます。

手触り・肌触りの好みもあると思いますので、ラグを選ぶ際には重要なポイントになります。
こちらの特徴を参考に、お好みのラグを見つけてください。

「素材」の種類

マイクロファイバー

マイクロファイバーナイロンやポリエステルを原料とする合成繊維です。
木綿と同様の吸水性や通気性・保湿性・速乾性を持ちます。
ふんわり柔らかく、気持ちの良い手触りが特徴です。

綿(コットン)

コットン綿を原料とする天然繊維です。
吸水性・通気性・吸湿性に優れているのが特徴です。
優しいサラッとした肌触りで、夏はベタつかず、
冬はヒンヤリしないので、オールシーズン快適
に使えます。

フランネル

フランネルふんわりと柔らかく起毛した生地表面が特徴で、
保湿・保湿性が高く、冬場は熱を溜めこみ、
温もりを持続させることができます。
ふんわり滑らかな触り心地で、
寒い季節でも温かく快適に過ごすことができます。

ウール

主に羊毛を原料とする天然繊維です。
温かく保温性に優れているのが特徴で、セーターなど服の素材としても使われます。

アクリル

発色が良く、耐光性が高いので色あせしにくいのが特徴です。

ナイロン

耐久性が高く、摩擦に強いのが特徴です。

ポリプロピレン

軽く、傷が付きにくいのが特徴です。

「毛足・織り」の種類

シャギー

シャギー毛足の長い毛羽立った質感が特徴です。
ふかふかでボリューム感のある触り心地です。
繊維の輪状をカットしたカットタイプと呼ばれるラグの中でも、長さ2.5cm以上の長い毛足のものを「シャギー」と呼びます。

ループ

ループ表面の繊維が輪状に丸くループした短い毛足が特徴です。
硬めの質感で、摩擦に強く耐久性が高いです。
遊び毛が出にくいので引っかかりがなく、ゴミなども中に入りにくいので、お掃除が楽です。

シェニール

シェニールアパレルで使用されるような、上質な質感と、
深みのある落ち着いた色合いが特徴
です。
複数の糸で構成された
「シェニール糸」で織り上げたラグは、
丈夫な厚みと、生地表面に立体感を生み、
高級感を感じさせてくれます。

平織り

平織り縦糸と横糸を交互に組み合わせて織っているので、毛足がなく厚みの薄い仕上がりになるのが特徴です。

ウィルトン織り

ウィルトン織りイギリス発祥の機械織りで、耐久性に優れているのが特徴です。

「加工」の種類

ボンディング

ボンディング表布(綿など)とウレタンクッション、裏布(不織布)など、異なる生地を特殊な製法で張り合わせて1枚の生地にする加工のことです。
縫い目をなくしているので、フラットで心地よい肌触りです。

プリント

プリント転写と呼ばれるプリント技術で、繊細な模様を表現しています。
柄を取り入れられるので、無地のラグにはない、鮮やかな表現が可能になります。

キルティング

キルティング生地と生地の間に中綿を挟み、ミシン縫いで刺し縫いした、ポコポコとした立体的な表面が特徴です。
中綿の偏りを防ぎ、どこに触れても均一な心地よいクッション性が感じられます。

【ポイント3】機能で選ぶ

ラグ選びでは「機能面」も重要です。

「飲み物や食べ物をこぼしてラグが汚れるのが気になる」
「ダイニングテーブルやチェアの擦りキズを床に付けたくない」
「子供が走り回るので、ラグがズレてしまったり、つまずいて転んでしまわないか心配」
といったことでお困りでしたら、
その問題を解決できるような「機能面」でラグを選んでみてはいかがでしょうか。

必要な機能から選ぶ

手洗い・洗濯可

手洗い・洗濯可手洗いや洗濯機で丸洗いOKなラグなら、いつも清潔に保つことができ、快適にご利用いただけます。

滑り止め加工

滑り止め加工裏面に滑り止め加工を施しているので、ズレにくく、ペットを飼っているご家庭や、小さなお子様のいるご家庭でも安心してご利用できます。

撥水・防汚加工

撥水・防汚加工飲み物や食べ物をこぼしても、乾いたタオルなどでサッと拭き取って掃除できます。
赤ちゃんやペットのいるご家庭でも安心してご利用できます。

床暖房・ホットカーペット対応

床暖房・ホットカーペット対応寒い冬に床暖房やホットカーペットの上に敷いてもご利用できます。

防音

防音層を重ね合わせ厚みを持たせ、防音性を高めていますので、足音や、椅子・スリッパなどの移動音、物の落下音など、日々の暮らしの気になる音を大幅に軽減します。

抗菌・防カビ

抗菌・防カビ加工抗菌剤・防カビ剤をシート剤に直接練り込み、衛生的に使えるように仕上げています。

防ダニ

痒みや皮膚炎などの原因となるダニを寄せ付けない防ダニ加工によって、衛生的にラグを保てます。

防炎加工

火が燃え広がりにくい防炎加工を施し、安心してお使いいただけるようになっています。

低ホルムアルデヒド

ホルムアルデヒドの検査で、「乳幼児用製品」の基準に合格しているので、小さなお子様のいるご家庭でも安心してお使いいただけます。

おすすめラグ ピックアップ

ここでは、エア・リゾームインテリアの様々なデザイン・テイストのラグから
おすすめのリビングラグ、ダイニングラグをご紹介していきます。

■リビングラグ

1)マイクロファイバーシャギーラグ

【おすすめポイント】

  • ふわふわのマイクロファイバーを贅沢に。思わず寝ころびたくなる高密度ふわさらラグ。
  • コーディネートに合わせて選べる8カラー。
  • 洗濯機で丸洗いOK。手軽に洗えて清潔を保てる。

2)洗える 固綿入りスウェットラグ

【おすすめポイント】

  • 洋服にも使われるほど吸水性が高く、肌触りの優しいスウェット生地。
  • 幅広いテイストに合うシンプルデザイン。カラーは6色展開。
  • 髪の毛やゴミもたまりにくく、掃除機やコロコロで手軽に掃除が可能。

3)ベニワレン風モロッカンデザインラグ

【おすすめポイント】

  • シンプルな直線で描かれたデザインが目を惹くベニワレン風ラグ。
  • 一年中快適にお過ごしいただけるようマイクロファイバーを採用。
  • 北欧スタイル、モノトーン、ヴィンテージテイストまで幅広いお部屋に馴染むデザイン。

4)洗えるボーダーラグマット LENON(レノン)

【おすすめポイント】

  • 人気のボーダ柄をお部屋のアクセントに。サラふわなカジュアルラグマット。
  • マイクロファイバーでさらさらの触り心地。
  • ホットカーペットや床暖の上に敷いてオールシーズン快適。

5)インド綿100% ボンディングラグ

【おすすめポイント】

  • インド綿100%でざっくりと織られた、自然な風合いのラグ。
  • 少しシャリシャリした麻のような涼しい肌触り。
  • 「ボンディング加工」を施すことで、程良い弾力性のウレタンクッションをプラス。

6)防音タイルカーペット「静床ライト」

【おすすめポイント】

  • 特殊三層構造バッキングが実現するLL-40の業界最高レベルの防音性能。
  • 並べて置くだけの簡単設置で、誰でもラクラク設置。
  • 汚れた部分だけ取り外せるから、お手入れ簡単でいつでも清潔。

■ダイニングラグ

1)フロアラグ moruma(モルマ)

【おすすめポイント】

  • 床材をキズや汚れから守りながらダイニングに素敵なアクセントを。
  • 床をキズから守り、汚れてもサッと拭ける。
  • 抗菌・防カビ加工で、小さなお子さまも安心な衛生的なダイニングに。

2)滑らないフローリング調パイルカーペット

【おすすめポイント】

  • 滑らずしっかり踏み込める、さらさらとした高密度パイル生地。
  • 汚れても、敷いたまま水洗いOK。
  • 切って敷くだけのラクラク設置。

まとめ

  • サイズは部屋の広さに合わせて考える
    重要なのは、「お部屋の広さを把握すること」。
    お部屋の広さを確認し、間取りに合わせてラグのサイズを選ぶのが大事です。
  • 素材や毛足をチェック
    ラグには「素材」や「毛足」「加工」の種類がたくさんあるので、手触りやデザインなどお好みに合わせて選びましょう。
  • 機能で選ぶ
    「撥水・防汚加工」「抗菌・防カビ加工」「防音」など、用途や目的に合わせて選ぶのがいいでしょう。

記事で使用している家具・インテリアは、こちらのサイトからご購入できます。

家具選びのポイントカテゴリの最新記事

ページ
TOPへ